​【交通事故】

近年、自動車性能の向上や安全意識の高まり等によって、交通事故の発生件数自体は減少傾向が続いています。

しかしながら、弁護士費用補償特約の普及や、権利意識の高揚、査定の厳格化、高次脳機能障害等の困難事案の増加等により、交通事故訴訟の件数はなおも増加・高止まりの傾向にあります。

交通事故は、誰しもが日常において遭遇しうる非常に身近な事件ですが、被害は人的・物的に重大なものとなる危険性を内包しており、その適切な解決には専門的な知識・経験が求められます。当事務所弁護士は、請求側・被請求側を問わず、これまで多くの交通事故訴訟にかかわっており、被請求側においては請求棄却判決を複数回獲得しております。

交通事故事件は、保険会社等も関わることが一般的であり、一律に加害者・被害者を区分することはできず、その背景には様々な事情が存在するのが通常です。当事務所は、あくまでもクライアントの立場から最善の解決を試みます。

■弁護士費用補償特約を用いない場合

<着手金>

​・交渉:10万円~

・調停・訴訟:20万円~

<報酬金>

・賠償額の提示がある場合

 …増額分の20%(最低20万円)

・賠償額の提示がない場合

 …回収額の10%(最低10万円)

■弁護士費用補償特約を用いる場合

…弁護士費用300万円まで保険会社が補償し、別途ご依頼者にご負担頂くことはございません。

※提示金額は全て税別で表示しております。

​※別途実費(印紙代等)が発生します。

※着手金につき、各手続移行の際には差額分のみ発生します。

※出頭回数が6回を超えた場合、別途日当(1回3万円)が発生します。

03-6459-2702

Copyright(C)Inamasu Law Office.All right reserved.